整形外科|東逗子整形外科クリニック 逗子市 スポーツ整形外科 けが

東逗子駅東口より徒歩6分・駐車場8台分あり・各種保険取扱
046-870-6677
診療時間

整形外科

整形外科について

皆様の整形外科「かかりつけ医」です

皆様の整形外科「かかりつけ医」です

整形外科では、主に骨・関節・筋肉・神経など、運動器系の疾患を診療します。
具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などを扱います。
地域の皆様の整形外科「かかりつけ医」でありたいと考えておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

こうした症状はご相談ください

こうした症状はご相談ください
  • 首、肩、腕、肘、手の痛み
  • ばね指(弾発指)、突き指
  • 背中、腰、股関節、脚、膝、足の痛み
  • 肩こり、首こり
  • むち打ち症
  • 手や足などのしびれ、こわばり
  • 骨折、打撲、脱臼、捻挫
  • 爪まわりの痛みや腫れ、爪のくい込み
  • 各種外傷(切り傷、すり傷、やけど、床ずれ等)
  • スポーツによるけが、運動中の体幹(胸部、腹部、腰部、背部)や手足の痛み など

症状別にみる整形外科の代表的な疾患(対象疾患)

よく見られる症状 考えられる主な疾患
首の痛み
肩のこり
頸椎症(けいついしょう)、頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん) 肩の痛み 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、腱板損傷(けんばんそんしょう)
腰の痛み 急性腰痛(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛
足の痛み 足底筋膜炎(そくていきんまくえん)、扁平足
足指の痛み 痛風、外反母趾(がいはんぼし)、巻き爪・陥入爪
肘の痛み 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、ゴルフ肘など)、肘内障(ちゅうないしょう)、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎、野球肘
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷(じんたいそんしょう)、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫(かんせつすいしゅ)、関節内遊離体(ねずみ)
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
手・手首の痛み 関節リウマチ、腱鞘炎(けんしょうえん)、手指変形性関節症
指の痛み 突き指、デュピュイトレン拘縮(こうしゅく)、ばね指(弾発指)、ヘバーデン結節
ももの付け根の痛み 変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)、単純性股関節炎
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科

当院では、スポーツ整形外科領域の診療も行っております。
スポーツ整形外科では、一般の整形外科的な知識に加えて、様々なスポーツ種目についての運動内容や外傷・障害の特殊性などを理解した上で、早期の復帰を目指して、運動療法、装具療法、手術療法、リハビリテーション療法などによる総合的な治療を行います。
スポーツで負ったケガの治療は、一般の整形外科の治療とは少々異なる部分があって“特殊”なため、この分野に関して経験豊富なスポーツ整形外科の専門医にお任せいただいたほうが安心です。

複雑な要素を十分に考慮した治療

複雑な要素を十分に考慮した治療

当院では、スポーツ外傷・障害に対して、筋力強化、ストレッチ、運動動作指導など適正な運動療法のプログラムを組み、治療および障害の再発予防に努めます。
また、治療にあたっては、ケガからの早期復帰および今後の予防に重点を置き、重症度、年齢、性別、種目、その方のポジションなどといった複雑な要素を十分に考慮いたします。
初期治療はとても大切ですので、スポーツや部活動でけがをなさったような場合は、早めにご相談ください。

主なスポーツ外傷

スポーツ中に生じた外力による組織の損傷

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ など

主なスポーツ障害

同じ動作の繰り返し(使い過ぎ)によって起こる障害

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • テニスレッグ
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折 など

受診にあたって

受診にあたって
  • 初診、および月初めの受診の際は、必ず健康保険証(コピー不可)をお持ちください。
  • 就・転職などにより、ご加入になっている健康保険が変わった際は、新しい保険証を受付にご提示ください。
  • 住所や電話番号など、保険証の内容に変更が入った際は、受付にお知らせください。
  • 受給者証(老人・乳児・身障医療等)をお持ちの方は、健康保険証と一緒にお出しください。
  • 再診以降、当院の「診察券」は受診の都度、ご持参ください。
  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳かその薬自体をご持参ください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。
  • 高熱やひどい下痢、嘔吐などの強い症状がある場合は、受付にお申し出ください。
  • いつ頃から、どんな症状が現れているのか、また既往歴(今までにかかった病気)についてもお教えいただくと、診察がスムーズに進みます。
  • 受診の際は、できるだけ上下に分かれた服装でお越しください(ワンピースやボディスーツですと、診療の妨げなる場合があります)。ネックレスやイヤリングなどの装飾品も、外していらしてください。
  • 当院では、個人情報の取り扱いには、スタッフ一同、細心の注意を払っておりますので、安心してご受診ください。